医療保険は掛け捨てがメイン

医療保険と言えば「掛け捨て」という言葉が浮かんできますよね。この「掛け捨て」という言葉が嫌いな方も多いのではないでしょうか?

私が現役保険マンだった頃も、掛け捨てだからなぁ…と言ってお話を聞いてもらえない事も多々ありましたね。

ただはっきり言わせてもらいます。医療保険は掛け捨てで良いんです!当サイト「貯蓄型の医療保険ってどうなの?」でも貯蓄型医療保険の内容をお伝えしていますが、そもそも医療保険と言うのは「少ない資金で大きなリスクを補うもの」として考えるべき事です。

貯蓄型になれば保険料も高くなってしまいますので「小さな資金」という事からも離れてしまいますしね。基本、医療保険が必要な方と言うのは入院時などにお金を使いたくない、もしくはお金を使えない方が加入するものです。極端な話をしますと「お金がたくさんあれば医療保険に加入する必要がない!」という事なのです。

ですから私は医療保険は掛け捨てタイプを選ぶようにご提案をしてきました。
医療保険を選ぶ時には、
 出来る限り保険料は安く
 必要保障額はしっかりと現在の環境を考えて決める
 複数の医療保険をしっかりとプロに相談をしながら比較をする

と言うのが鉄則と言っても過言ではありません。

ココでポイントなのは、インターネットなどを使って医療保険について調べたり、自分だけの考えで医療保険に加入しない事です。

医療保険など保険と言うのは、見た目はパンフレットなどでも特徴などがわかりやすく記載されていますが、細かい部分(入院日数の限度、特約、払い込み免除の有無、免責事項など)は以外にわかりにくく表記されています。

こういった商品知識だけでも保険のプロに相談しなくてはいけません。しかも商品力だけの問題ではありませんので、医療保険の選び方って。

なぜ日額が5000円なのか?10000円にした方が良いのか?そこまで必要ないのか?特約は先進医療だけでも良いのか?など、これはあなたの今の生活環境によっても選択をする方向が変わってきます。それぞれ内容が違ってきて当然なんです。

同じ生活環境の人なんていませんからね。ですから医療保険を選ぶ際には、きとんとライフプランの設計、お金に纏わること全般、国の制度などをしっかりと勉強しているFPに相談をしながら決めて行くのが最善の策なのです。

ちなみに私自身は、医療保険など保険全般は掛け捨てで良いと思っています。その理由は、妻と子供3人を私が万が一の時に路頭に迷わせないのが私の責任だと思っているからです。

その為の「責任料」として医療保険にも加入しました。なので医療保険を使ってお金を貯める、とかそういう中途半端な考えはまったくないですね^^;出来るだけ保険料を安くして、貯金は貯金でやっていきたいですから。