入院保険と医療保険の違い

これはよく質問をされることなのですが、医療保険と入院保険と言うのはまったく同じものです。入院をした時に保険金(給付金)が出るタイプの保険の事ですね。

その為、医療保険を「入院保険」と呼ぶFPもいるのです。この他にも地方公共団体が行う国民保険や、企業が加入する健康保険組合などに医療保障もあります。

しかし、こういった商品で保障しきれない費用を保障する目的で加入するのが「民間の医療保険」となります。民間の医療保険は、原則として病気やケガで「入院した場合の費用」を保障するものですが、最近では、手術を受けたり、通院した時にも給付金が受取れる医療保険があります。どんどん進化している!という事ですね。

入院保険(医療保険)は「主契約(医療保障)+特約(死亡保障や先進医療など)」で作られています。これが民間の保険会社によって商品力として変わってくる部分ですね。

特に最近では、医療保険(入院保険)もいろいろなタイプが出てきており、一概に医療保険(入院保険)を選ぶ!と言っても調べれば調べるほど、複雑で何を選んで良いのかわからなくなってしまう傾向にあります。

当サイトでは出来る限りわかりやすく、医療保険(入院保険)に加入出来るように様々なコンテンツをご用意させて頂きました。

私自身が医療保険に加入したFPの出会った「保険無料相談サービス」などのご紹介もしていますので、保険のプロ!に出会える方法としてお役に立ててください。