保険にはなぜ見直しが必要なのか?

13生命保険の見直しを・・・最近ではテレビCMでも毎日のように保険の見直しについてやっていますよね。なぜココまで保険を見直す風習が出来たのでしょうか?

元々生命保険とは、日本社と呼ばれている生命保険会社(第一生命や日本生命など)が中心に保険募集を行っていました。こ

ういった保険会社の商品の特徴は、生命保険(死亡保障)に特約という形で医療保険やガン保険が付いているケースが多かったのです。

しかもアカウント型と言って、10年更新など月日が経つと更新をしなくてはならない保険がほとんどでした。この更新時には保険料も一気に上がってしまいますので、年齢を重ねるたびにどんどん保険料が高くなる・・・という事態が増えてしまったのです。

その反面、良い部分あります。それは若い年齢のうちには安い保険料で高い保障に加入する事が出来る、という事です。

しかし現代ではこういった考え方は好まれず、出来れば保険料の変動はせずに出来る限り安い保険料で生命保険加入にしたいという傾向になったのです。

しかも乗り合い代理店(複数の保険会社を取り扱っている代理店)が増えたことによって、安くて内容の良い保険を自由に組み合わせる事が可能となりました。その為、日本社で加入をしていた保険を見直す方が非常に増えたのです。

では保険の見直しは必要なのか?という事についてですが、これは必要だと思います。理由は様々ですが、その都度ライフスタイルは変化していきます。年齢を重ねる、お子様が独立をする、仕事が変わる、家を買う、などなど。そのライフスタイルに最低限必要な保険に加入するのがベストですので、定期的に保険は見直すのが良いと考えています。

しかも医療保険やがん保険は日々、新しく進化する保険ですので、保険料も安くなり、内容が良くなるケースが今後も考えられます。少しでもムダな出費は無くす方が良いので、保険を定期的に見直すのは良いことだと思いますよ。