チューリッヒ生命 医療保険をご紹介します!

ココではチューリッヒ生命の医療保険やチューリッヒの格付け、経営状況などをお伝えしていきたいと思います。S&P「AA-」、A.M. Best「A+」となっています。チューリッヒと言えば自動車保険を思い出す方も多いかと思いますが、最近では生命保険にも力を入れています。

しかもチューリッヒ生命の医療保険は、審査がかなり厳しいですが、その審査をクリアすると保険料はかなり安い!という特徴があります。

例えば血圧が70~110以内と健康の方でも厳しい数値ではありますが、チューリッヒ医療保険はこれをクリア出来ると他の保険会社よりもまず安くなります。

これからもどんどん新しい商品を出してくるでしょう。

チューリッヒ生命の医療保険について

1・終身医療保険プレミアムDX(終身医療保険)

 所定のストレス性疾病で年金保障
 3大疾病と診断確定されたとき50万円~100万円
 7大疾病で入院したとき1入院の支払限度日数が無制限
 死亡または所定の高度障害状態になったとき100万円~1,000万円
 傷病時の経済的損失をトータルにカバー

所定のストレス性疾病で1入院が365日まで!と非常に長くなっているのが特徴的な医療保険です。ガンの診断で払い込み免除も基本プランの中に含まれているのも良いところですね。

ただし「所定」という言葉は気をつけなくてはいけません。細かい字で記載してあるケースが多いので、しっかりと理解をしてから加入をするのをお勧めします。医療保険としては非常に良い商品だと思いますよ。

私が実際に体験した保険無料相談サービスランキング!

このように、医療保険の特徴をまとめてみても「実際にはどれが良いのかわからない」というのが本音だと思います。出来れば保険料は安い方が良いですし、でも保障は充実させたい方もおみえになるかと思います。

保険会社それぞれ、良い部分、悪い部分がありますので、それらをあなたの希望に沿った組み合わせをしてくれるのが【優秀なFP】となります。そんな【優秀なFP】に無料で出会えるサービスをご紹介したいと思います。

実際に私が保険加入したサービスでもありますので、体験談をご覧になって良い出会いを見つけてください。

 保険のビュッフェ

保険のビュッフェ保険のビュッフェでは、全国対応の保険代理店に所属しているFPが担当をしてくれました。年齢は30代中盤の方で、物腰の柔らかさが印象深い方でしたね。

特に良い提案だな~と思った部分は、私が自営業者の為、入院時などの収入保障を悩んでいる事にすごく共感をしてくれて相談に乗ってくれた事ですね。こちらのFPの方も個人事業主ですし、お子さんが生まれもっての持病をお持ちとの事で、いろいろな面で話が合いました。

まずは私の引受緩和型医療保険の日額をいくらにするか?引受しやすい保険会社はどこか?こちらの希望した日額に対するFPの考え方などで2時間ほどお時間を頂きました。具体的な保険商品の説明より、「なぜ万が一の時に、●●ぐらいのお金が必要になるのか?」「個人事業主は国からの保障が薄いので、準備を余計にしなくてはいけない」と言ったお金の必要性をいろいろな資料、データを元にわかりやすく説明してくださいました。

結局、妻の医療保険を加入するまでに計7回面談をしてくれて、本当に良い出会いがあったなぁ~と妻とも話をしています。とにかくお客さんの希望や悩みをまずは聞く!そしてそれを解決出来るような知識をしっかりと勉強している!保険のプロとしての自覚が強い!と言うのが好印象の一番の理由ですね。

 

 保険マンモス

保険マンモス
保険マンモスで担当をしてくださったのは私と同じ年齢のFPの方(40歳です)。お子さんも私と同じような感じで(お二人でしたが)、県民共済についての相談もきっぱりと必要ない!必要がないと言われる理由も理解出来るレベルのものだったのが好印象の理由です。

こちらのFPは、私が仕事柄、どうしてもあっちこっちに移動をしてしまう為、なかなか固定の場所での時間を作ることが出来ないのですが、これにもしっかりと対応してくださいました。今日は●●駅の近くの喫茶店、今日は▲▲駅の近くのファミリーレストランなど。こちらのFPの方からはがん保険を加入させて頂きました。

契約を取ってからも何かあるとすぐに連絡をくれるので、私としては今後もお付き合いをしたいな~と思っています。ちなみに保険マンモスで担当をしてくれたFPの方も全国対応の保険代理店に所属をしている方でした。

 

 保険GATE

保険ゲート保険GATEで担当をしてくれたFPの方は偶然にも私の家の近くに住んでいる方でした。正直、これだけで何となく親近感が沸いてしまいますね(笑)

こちらのPの方は妻の保険に関して、私が女性特有の病気だと保障額が割り増しをする女性保険を希望していたのですが、そこを「奥様の女性特有の病気が心配なお気持ちもわかりますが、病気は病気。女性保険に加入するのは勿体無いと思います。

女性保険自体、保険会社がお客様を引き込む為に作っている保険です。それよりも少しでも保険料が安く保障も良いオリックス生命が良いのでご提案させてください!」と言ってくれたのが印象深いですね。

基本的には保険料を安く済む提案が中心にはなっていましたが、私の相談したい事は満遍なく答えてくれて、こちらもしっかりと勉強をしているなぁ~という印象でしたね。

残念ながら今回はこのFPの方からは保険には加入出来ませんでしたが、他の友人・知人を紹介しても良いかなと思える方でしたね。

2015年9月18日 チューリッヒ生命 医療保険をご紹介します! はコメントを受け付けていません。 チューリッヒ生命