がん保険の方が重要!「医療保険」VS「がん保険」

「がん保険」についての考え方になります。当サイトは医療保険に関する情報サイトになりますが、「癌」という病気とは密接に関係があります。その為、こういったがん保険に関するコンテンツを作成しました。

医療保険の特約として「がん特約」はほとんどが付いていますよね。これを
 特約として付帯するのか?
 それともがん保険単体で加入をした方が良いのか?

保険料のことだけを考えると、医療保険にガン特約を付帯する方が保険料の節約にはなります。しかし私ならがん保険だけは単体で加入する事をお勧めしますね。

その理由は、ガンという病気自体の治療が良くなっているので、今では入院よりも通院が主となっています。しかも「癌」と診断されてからどのタイミングで一時金が降りるのか?という事も非常に重要だと思います。

医療保険ではガン特約をセット販売している商品も多いのですが、細かい設定を考えるとがん保険単体の方が自由度が高くなっているのもがん保険を勧める大きな理由ですね。

しかも医療保険に特約としてセットした場合、後から外す事が出来なくなってしまうタイプが多いので、こういった事からもがん保険を別途加入する事をお勧めしているのです。

今の医療保険では、最初からガンに関しては入院日数無制限になっている事も多いので、がん保険自体で入院日数を無制限にする必要もありません。

ガンという病気自体、入院にももちろんお金はかかりますが、それ以上に検査にかかるものなので、診断されたら一時金として出るタイプが選択するのが良いでしょう。

医療保険にガン特約をつけた場合、入院した場合しか保険金が降りないケースがあります(2回目以降のガン診断の事)。通院だけでは保険金が降りない!と言う事ですね。

こういったパンフレットの小さい字で書いてあるような事もしっかりと把握しているFPに相談をする事も重要です。実際には細かい部分まで勉強をしていないFPも多いですので。

オススメのがん保険ってなに?

15ココでは「がん保険」でも私がオススメするがん保険をご紹介したいと思います。

それは「AIG富士生命のがん保険:がんベスト・ゴールドα」です。

このがん保険については、私も保険相談サービスで出会ったFPの方から加入をしたガン保険です。この商品は一時金がおりる敷居が低い!と言うのが大きな特徴です。

上皮内がんの場合は50万円しか一時金は降りないのですが(他の商品は100万円の場合が多い)、それ以上にメリットは大きいと思います。

例えば女性の子宮の癌のほとんどが上皮内ガンが多いのをご存知でしたか?その他のガンの場合でも、初期状態ではほとんど上皮内ガンなのです。ですからがん保険によっては初期の場合は保険が降りないケースも多いのです。

AIG富士生命のがん保険「がんベスト・ゴールドα」の場合、上皮内ガンでは50万円しか一時金はおりませんが、上皮内ガンは普通に切って終わりなので正直言って問題はありません。

ガン保険と言えば「アフラック」とイメージする方も多いかと思いますが、アフラックの場合、上皮内がんは悪性新生物の10分の1しか一時金が出ません。

これはアフラックの考え方になるのですが、上皮内ガンは転移するわけではないので、10万円も必要ないでしょ?と言うのがアフラックの上皮内ガンに対しての考え方なのです。

しかもがん保険を最初に販売したのがアフラックですので、今でもアフラックのがん保険に加入をしている方も非常に多いですね。

こういったお客様のほとんどは、AIG富士生命のがんベスト・ゴールドαなどに変更(見直し)をして頂いて来ました。

ガンという病気には「再発」という言葉がついて回ってくるのですが、AIG富士生命のがん保険以外は、2回目~の再発の場合、入院をしないと一時金は降りません。

先ほどもお伝えしましたが、今の時代、ガンは通院が主となっていますので、もしかすると入院をしないケースもあります。

こういった場合には、再発では一時金は降りない・・・という事にもなるのです。これがAIG富士生命「がんベスト・ゴールドα」では、診断された時点で一時金がもらえますので、通院だけで治療をしても良い!という事になるのです。なのでオススメながん保険は?と言われたら即答で「がんベスト・ゴールドα」と答えますね^^